くらし情報『『TOKIO』解散は濃厚か…チャリティー不参加で“文春報道”に現実味』

2020年5月17日 11:02

『TOKIO』解散は濃厚か…チャリティー不参加で“文春報道”に現実味

TOKIO

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

ジャニーズ事務所のチャリティー新ユニット〝トニトニ〟こと『Twenty☆Twenty』の結成に伴い、音楽活動休止状態にある『TOKIO』の行く末が危ぶまれている。

同ユニットは、事務所がコロナ禍を受けて社会貢献・支援活動プロジェクトとして立ち上げた『Johnny’s Smile Up!Project』の一環。若手からベテランまでCDデビューしている15ユニット76名が参加し、『Mr.Children』櫻井和寿の作詞作曲という大型企画だ。

ジャニーズのチャリティーユニットといえば、その先駆けは阪神淡路大震災の復興支援を目的とした『J-FRIENDS』。『TOKIO』『V6』『KinKi Kids』で結成され、作曲にマイケル・ジャクソンを迎えたことから〝ジャニーズ版We are the world〟と呼ばれていたが、今回はこれをはるかに凌ぐ規模の「真のジャニーズ版We are the world」と呼ばれている。

しかし、山口達也の脱退から音楽活動が停止している「TOKIO」は、「トニトニ」に不参加という形に。〝チャリティー特別企画〟という形ですら音楽活動がかなわず、ファンの間ではさまざまな心配や憶測が上がることとなった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.