くらし情報『『VS嵐』松本潤の“ズル行為”に批判の声「カッコ悪い」「子供も見てるよ」』

2020年5月15日 11:04

『VS嵐』松本潤の“ズル行為”に批判の声「カッコ悪い」「子供も見てるよ」

松本潤

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

『嵐』の松本潤が、5月14日に放送された『VS嵐』(フジテレビ系)のゲームでズルをしたと話題に。一部から批判する声も挙がっている。

番組中に実施されたゲーム「スゴい!GP」では、芸能人に「嵐」メンバーが連絡し、映像をつなぎながら会話。企画の趣旨を知らせないまま、90秒の間に「スゴい!」と言わせ、その回数を競った。

この日欠席した櫻井翔を除く4人のメンバーが挑戦。相葉雅紀は『ジャングルポケット』の斉藤慎二、大野智は橋本マナミ、松本潤は『アンガールズ』の田中卓志、二宮和也は『アンタッチャブル』の柴田英嗣と回線をつないだ。

■ カンペを出して…「汚いやり方」

相葉、大野は何気ない会話から「スゴい!」のフレーズを引き出そうとしたが、松本はテーブルに座るなりカメラの位置をしきりに確認。田中と回線をつなぐと「スゴい!」と書かれた紙を田中に見せ、「これ、言ってもらっていいですか?」「もうちょっとテンション低めで」と指示しながら「スゴい!」と言わせ続けた。

これに便乗し、二宮も柴田に「前の人よりテンションを上げて言うゲーム」「キーワードは『スゴい』です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.