くらし情報『『スッキリ』出演の“カリスマ編集者”セクハラ&不倫報道で非難殺到』

2020年5月21日 17:31

『スッキリ』出演の“カリスマ編集者”セクハラ&不倫報道で非難殺到

』と発言し、炎上しました。このときは、番組から注意を受けただけで済みましたが、さすがに今回はこのまま見過ごすわけにはいかないでしょう。今後のクレーム次第では、ひっそりと番組を退場する可能性も高そうです」(芸能ライター)

箕輪氏は早稲田大学第一文学部を卒業後、2010年に『双葉社』へ入社。ファッション雑誌の広告営業を4年間務めた後、2013年に与沢翼氏を責任編集長とした『ネオヒルズジャパン』を創刊し、一躍注目を集めた。

「一時は飛ぶ鳥を落とす勢いだった箕輪氏ですが、現在は女性からの評判が最悪になっています。優秀な編集者なのは間違いないのですが、一部からは『著名人との付き合いも多くなり傲慢になっていた』などの証言も出ています。何はともあれ、世間は納得しないでしょう」(同・ライター)

16日にはタレントのボビー・オロゴンが妻にDVを働いて逮捕されている。近年、女性に対するDVやセクハラには厳罰を求める声が圧倒的なだけに、箕輪氏の不倫強要も簡単に見過ごされることはなさそうだ。
【画像】

Kues / Shutterstock

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.