くらし情報『『VS嵐』二宮和也が“結婚ネタ”にイラ立ち?「お茶の間が凍り付いた」』

2020年5月22日 11:00

『VS嵐』二宮和也が“結婚ネタ”にイラ立ち?「お茶の間が凍り付いた」

二宮和也

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

『嵐』の二宮和也が5月21日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)で、お笑い芸人・陣内智則の一言に不快感を示したのではないかと視聴者の間で話題に。「お茶の間が凍り付いた」など戦慄する声が上がっている。

この日、櫻井翔は欠席のため『嵐』メンバーは4人で収録に登場。前週に引き続き、企画『リモート嵐』が放送された。芸能人に「コメント録り」と伝えてテレビ電話をつないでから、とあるカタカナのお題をカタカナを使わずに説明し、お題が何なのか当てさせるゲームに臨んだ。

相葉雅紀は陣内に電話。陣内は「ショートケーキ」「ダイヤモンド」「エステ」の3語を当て、4組中トップとなった。

■ 陣内智則が「どの奥さんや!」

終了直後も企画の趣旨が理解できない様子の陣内だったが、「優勝した」と知らされるとガッツポーズ。ゲームを見守った『アンタッチャブル』山崎弘也が「今の気持ちを奥さんに向けて一言お願いできますか?」と冗談めかして呼び掛けると、陣内は過去の離婚ネタと重ね合わせたのか「どの奥さんや!」と口にした。

直後にコーナーは終了。相葉、松本潤、大野智は手を振り、笑顔で陣内とのテレビ電話を終わらせたが、二宮だけは唇をへの字に結んだまま手を数回叩くのみだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.