くらし情報『『月曜から夜ふかし』“危険すぎる”在宅企画に心配の声「下手したら死ぬ」』

2020年5月26日 11:03

『月曜から夜ふかし』“危険すぎる”在宅企画に心配の声「下手したら死ぬ」

『月曜から夜ふかし』“危険すぎる”在宅企画に心配の声「下手したら死ぬ」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

5月25日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、外出自粛を逆手に取ったアクティビティーを試したスタッフの行動に「危ない」と指摘する声が続出している。

この日も『関ジャニ∞』村上信五がスタジオから、マツコ・デラックスが自宅から電話でそれぞれ出演。番組では「夜ふかし的自由研究」という企画を放送した。

番組によれば外出自粛による運動不足を解消しようと、キッチンの床に洗剤と水を垂らして足を滑らせ、ルームランナーのように走って楽しむ動画が海外で流行。「トレッドミルチャレンジ」と称され、まねする人が続出しているという。

■ 床に液体を垂らして歩行も…何度も転倒

そこで番組ディレクターの自宅にカメラを設置し、どの生活用品を使えば最も滑るかを検証。ディレクターはTシャツに短パン姿で床に立って液体を試し、ランキング形式で滑りやすさを紹介した。4位の洗濯用洗剤を試す場面では、ディレクターが「足がもっていかれて、立っているのが大変」「スケートリンクの上に立ってるような感じ」と話しながら足を滑らせて転倒した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.