くらし情報『きゃりーぱみゅぱみゅ“身をもって”示したSNSの正しい使い方』

2020年5月30日 19:01

きゃりーぱみゅぱみゅ“身をもって”示したSNSの正しい使い方

きゃりーぱみゅぱみゅ

(C)まいじつ

女子プロレスラー・木村花さんの死が波紋を呼んでいる。木村さんが出演した恋愛リアリティー番組『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』(Netflix・フジテレビ系)は、5月27日に打ち切りが決定した。

「番組内での木村さんの言動について、SNSでは誹謗中傷が殺到していました。匿名投稿の行き過ぎた内容が、彼女を死に至らしめたと思われます」(芸能記者)

高市早苗総務相は、これを重大視。インターネット上の誹謗中傷を巡る発信者の情報開示について、制度改正の考えを示した。

「名誉を棄損しているならば、人物を特定して罰するのは当たり前なのですが、反面、言葉は明確な基準を作りにくい。どの程度だと名誉の棄損となるか、判断が難しいのです。ヘタをすれば〝言葉狩り〟になる危険もあり、表現の自由を侵害しかねないからです」(司法記者)

こうした大変な問題にSNSでメッセージを発しているのが、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅやモデルの藤田ニコルだ。

■ 芸能人たちも誹謗中傷に声を上げる時代に

きゃりーはSNSで《誹謗中傷を気にするななんて難しいよ。芸能人だって1人の人間だよ忘れないで》と発信。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.