くらし情報『テリー伊藤が大炎上!「PCR検査」を受けるためにウソ申告!?』

2020年6月4日 17:30

テリー伊藤が大炎上!「PCR検査」を受けるためにウソ申告!?

テリー伊藤

(C)まいじつ

病床数や人手不足による医療崩壊の懸念から、自宅待機命令や後回し・たらい回しが深刻化しているPCR検査。検査を受けたくても受けられない〝検査難民〟が社会問題化する中、タレントで作家のテリー伊藤による体験談が物議を醸している。

テリーは6月2日放送の『情報ライブミヤネ屋』(日本テレビ系)にリモート出演し、知人の体験談として、3日連続で38度以上の体温を記録したため、区に検査を申し出たと告白。しかし、夜に37.4度まで下がると「大丈夫」だと受け付けを拒否されてしまい、心配になった知人は都の方にも連絡したと明かしていく。

しかし、都の対応は区と同じだったようで、やはり簡単に検査は受けられないことが明らかに。その後も、テリーは検査が追い付いていないことに懸念を示し、「医療体制がしっかりしていないので、気の弱い人は弾かれるんですよ」という発言も飛び出していく。

続けてテリーは、「先程の続きなんですけど」としながら、「区・都で断られても、もう一度『夜も昼も38度以上』と言ったら受けさせてくれたんですよ」と告白。実際に熱が上がったのか、受診のために高熱を装ったのかまでは不明だが、「こういう実態があることを分かってほしい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.