くらし情報『明石家さんま“吉本社長”とトラブルに! グッズ販売を巡って対立』

2020年6月6日 17:31

明石家さんま“吉本社長”とトラブルに! グッズ販売を巡って対立

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

業界全体を巻き込む大騒動となった〝闇営業問題〟からはや1年、一時は大荒れした内部事情も徐々に落ち着きを取り戻しつつある『吉本興業』だが、〝体質改善〟は一朝一夕とはいかず、いまだに風通しの悪い状態が続いているようだ。

6月1日、明石家さんまが司会を務める関西ローカルバラエティー『痛快!明石家電視台』(MBS毎日放送)にて、さんまが「吉本」の岡本昭彦社長と〝モメた〟ことを明かした。

さんまは、ファンを公言する漫画『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎氏からLINEスタンプ作成オファーがあったと告白。そして「尾田くんにはものすごい世話になってるから」と受諾理由を明かした。「テレビも初出演してくれたのが『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)で、いろんなことをしてくれたんや。オレの絵を描いてくれたり」「いろんなことものすごいやってくれたんで、『いつかお返しするで。何でもオレができることあったら言うてくれ』って言ったら『スタンプ8個作ってくれませんか』って送って来よってん」など、オファーの経緯を赤裸々に明かしていった。

しかし一方で、LINEスタンプを巡っては、過去に事務所社長と「えらい騒動になったことがある」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.