くらし情報『『千鳥』大悟“収録中”にマジギレ!? 「ノブめっちゃ謝ってるじゃん」』

2020年6月10日 19:00

『千鳥』大悟“収録中”にマジギレ!? 「ノブめっちゃ謝ってるじゃん」

『千鳥』大悟“収録中”にマジギレ!? 「ノブめっちゃ謝ってるじゃん」

(C)Luis Molinero / Shutterstock

6月7日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演したお笑いコンビ『千鳥』の大悟が、あからさまに機嫌が悪かったと視聴者の間で話題になった。

『フットボールアワー』後藤輝基、東野幸治といった同番組常連と結び付きが強いように感じる「千鳥」だが、意外にも今回が番組初登場。オープニングトークでもノブが悲願の出演だと喜びを明かしていくが、一方の大悟は低いテンションで出演の感想を述べるにとどまる。

2人は「『サンドウィッチマン』に勝てない」という悩み相談を持ち掛けたのだが、ここでもトークをリードするのはノブ。「好感度が低い原因は大悟にある」と彼を責める内容だったものの、明るく場を盛り上げるノブとは対照的な様子だ。

その後は大悟の「坊主から髪型を変えたい」という悩み相談も行われ、4種類のカツラをかぶったヘアスタイルの品評会が行われることに。しかし、どのカツラをかぶってもスタジオには微妙な空気が流れ、大悟もヘソを曲げたように「例え例え!」「手練れ手練れ!何かせい!」と周囲のフォローに文句を言い始めた。

■ 滑らされた上のダメ出しで半ギレ?

あまりの滑りっぷりにかえって笑ってしまった東野は、「腹ちぎれるくらいおもんない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.