くらし情報『『IPPONグランプリ』四千頭身・後藤の採点にファン激怒「厳し過ぎる」』

2020年6月16日 17:30

『IPPONグランプリ』四千頭身・後藤の採点にファン激怒「厳し過ぎる」

『IPPONグランプリ』四千頭身・後藤の採点にファン激怒「厳し過ぎる」

(C)Vladimir Gjorgiev / Shutterstock

6月13日、大喜利バラエティー番組『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)が放送。女性から大人気の若手芸人『四千頭身』後藤拓実が出演したのだが、結果を巡ってファンから大ブーイングが巻き起こっている。

後藤はこの日が同番組初出演。『ロバート』秋山竜次、『千鳥』大悟、千原ジュニアといった常連組に交じり、同じく初出演の『ミルクボーイ』駒場孝と戦いに挑んだ。

しかし後藤は、一問目のお題から苦戦。周りが順調に〝IPPON〟を獲得していく中、後藤だけが〝IPPON〟を取れない。制限時間ギリギリで何とか1本目の〝IPPON〟を獲得したが、続くお題でもなかなかペースがつかめず、周りと差が開く一方の展開に。

そして〝ドラムロール大喜利〟と題されたお題で悲惨な事故が。このお題は、この日挑戦したすべての芸人がもれなく〝IPPON〟を獲得した、いわばボーナスステージ。しかし後藤はこのお題でも〝IPPON〟が取れず、明らかに動揺。結局、終わってみれば、秋山、大悟、ジュニアが10本獲得、駒場が9本、そして後藤が5本という大惨敗だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.