くらし情報『『EXIT』兼近が自爆!? “犯罪歴を隠してベビーシッター”に批判続出!』

2020年6月23日 17:30

『EXIT』兼近が自爆!? “犯罪歴を隠してベビーシッター”に批判続出!

『EXIT』兼近が自爆!? “犯罪歴を隠してベビーシッター”に批判続出!

(C)Kruglov_Orda / Shutterstock

お笑いコンビ『EXIT』兼近大樹が6月21日、情報バラエティー番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。男性ベビーシッターの性犯罪事件についてコメントしたところ、その内容に視聴者から物議を唱える声が続出している。

ベビーシッターのマッチングアプリを運営する会社『キッズライン』は、今回の事件を受け、すべての男性シッターの活動停止を決定。しかし世間から「まともな男性シッターがかわいそう」「低賃金だから、それなりの人しかいない」などと疑問の声が上がった。

そんな中、同社で実際に就業経験を持つ兼近は「低賃金で請け負えるのは、ベビーシッターという存在を社会全体に広めていきたいから。だから会社を批判とか否定的な意見はすごい不思議。性犯罪をした犯人が責められるべき」と、同社に批判が集中していることへの疑問を口にした。

終始マジメに語りつつ、最後には「ベビーシッターで誰かを救うっていうのが廃れていくっていうのは、マジぴえんです」とチャラい口調で笑いを誘っていた。

■ 兼近の逮捕歴はどうなってるの?

「同社ではベビーシッターを採用する際に、面接の他、自己申告やネット検索による〝犯罪歴チェック〟をしているようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.