くらし情報『林先生が橋下徹氏に圧勝!? ニートを説得した言葉に「さすが塾講師」』

2020年6月27日 17:31

林先生が橋下徹氏に圧勝!? ニートを説得した言葉に「さすが塾講師」

林修

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

カリスマ予備校講師で人気タレントの林修先生と、首長にして国政政党代表も務めた橋下徹元大阪府知事。ともに大きな影響力・発信力を持つ2人だが、〝言葉が胸に響く〟点では林先生に軍配が上がったようだ。

2人の言葉が比較されたきっかけは、6月21日放送の『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)だった。同番組は林先生やゲストが〝ニート〟に授業を行う企画がたびたび行われており、この日は昨年1月と10月に放送された授業の特別編を放送。

橋下氏は働くことに疑問を抱く若者たちと対峙し、「労働環境に制度として欠陥があることは間違いない」などと一部理解を示しながらも、「戦後すぐなんて今で言うブラック企業ばかりだった」「治者と被治者、治める者と治められる者が同一の日本社会では選挙で自分の利益を守っていこう」「社会構造がおかしいと言うなら治められる側にも責任がある」などと説いていく。

さらに、橋下氏は「(働いて)親にお金を渡すこと」を1つの目標にすることを訴えるが、若者たちは「親が勝手に産んだだけ」「(親に感謝しなければいけないという価値観で)呪縛をかけられてる人は多い」などと反論。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.