くらし情報『『東大王』ヒロミの“ジャスコイジリ”に批判続出「ヒドすぎる」「パワハラだ」』

2020年7月2日 11:05

『東大王』ヒロミの“ジャスコイジリ”に批判続出「ヒドすぎる」「パワハラだ」

ヒロミ

(C)まいじつ

7月1日放送の『東大王』(TBS系)でのヒロミの振る舞いが物議を醸している。視聴者からは「パワハラ感がある」との声があがっていた。

この日は「東大王」の正規メンバーでつくるチームと、東大OBの伊沢拓司が率いる「候補生チーム」が4対4で対決。番組最後では、ヒロミがくじを引き、両チームから1人ずつが登場。1対1で早押しクイズを展開した。

■ “ジャスコイジり”に「若手芸人じゃないのに…」

クイズ開始前、MCのヒロミと『南海キャンディーズ』山里亮太は、各メンバーに対戦したい人物を聞くことに。候補生の伊藤七海が「林さんとやりたいです」と〝ジャスコ〟こと林輝幸を挙げると 、ヒロミは即座に「(林を)ぶっ潰してやってください」と口に。周囲はヒロミのリアクションが「速い」とつぶやき、林は苦笑いしていた。

このシーンの前では、チーム内で代わる代わる答え、12の設問を消していく「12アンサーズ」を展開。林は「sweet sake(みりん)」の日本語訳を答え、難しい設問を女性人気メンバー・鈴木光にパスしていた。これにヒロミは「ジャスコは自分のことだけだもんな」、「ジャスコは『みりん』を選んだ男だから」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.