くらし情報『『ヒルナンデス』南原への“忖度”隠す気ゼロ!「接待プレーが過ぎる」』

2020年7月11日 11:02

『ヒルナンデス』南原への“忖度”隠す気ゼロ!「接待プレーが過ぎる」

南原清隆

(C)まいじつ

他人を傷つけない人当たりのいいMCさばきに定評のある『ウッチャンナンチャン』南原清隆。しかし、7月8日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に〝忖度〟を感じさせるシーンがあり、まるで強権的司会者のように映ってしまった。

問題のシーンがあったのは、人気のクイズコーナー・日本語タイムレース。同コーナーでは難読漢字の他、立体化した漢字を当てる問題など、日本語に関するさまざまなクイズが出題されていく。持ち時間は1組あたり3分が割り振られており、最終的に残った時間の多い者が優勝というシステム。結果から言うと、南原はこの日の放送で見事に優勝を遂げることとなった。

しかしこの勝負、終盤になるにつれ不可解な展開を見せていく…。

ラスト1問の段階でトップに立ったのは、1分26秒を残して大きくリードした『オードリー』。53秒の『和牛』、49秒の南原が追う展開となり、南原のラストターンには、バラバラになったパーツを組み合わせてできる熟語を当てるクイズが出題される。

正解は「欠点」という熟語だったのだが、「点」の下部分が特徴的だったため、南原はわずか12秒という好タイムで正解。一方、続く「和牛」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.