くらし情報『猫を見殺し!?『とくダネ』“泳ぐ猫”の映像に疑問の声「助けるべき」』

2020年7月10日 11:01

猫を見殺し!?『とくダネ』“泳ぐ猫”の映像に疑問の声「助けるべき」

猫を見殺し!?『とくダネ』“泳ぐ猫”の映像に疑問の声「助けるべき」

(C)Estrada Anton / Shutterstock

7月8日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、九州を襲った大雨の被害状況を報道。各地で浸水被害が起きている様子を撮影していたのだが、視聴者に疑問を感じさせる場面があったようだ。

問題となったのは、佐賀県・神埼市の浸水被害を伝えた映像。今回の豪雨では佐賀県にも「大雨特別警報」が出ており、記録的な大雨が甚大な被害をもたらしていた。放送されたのは7月7日の神埼市の状況を撮影した映像なのだが、浸水した場所を懸命に泳ぐ一匹の〝猫〟が。なんとか脚が届くところまで泳ぎ切っていたが、かなり危険な状況だった。

この映像に視聴者からは、

《撮影してないで助けてあげなよ…》
《明らかにヤバい状況なのに、カメラマンは撮影しているだけ?》
《なんで泳いでる猫を平然と撮影していられるの?》
《これは猫ちゃんが可哀想。番組スタッフはカメラを捨てて助けるべきだった》
《必死に泳いでた猫ちゃん、その後どうしたんだろう…》

などの声が。泳ぐ猫を撮影していた番組スタッフに、疑問の声が寄せられていた。

■ 本当にスタッフは助けに行くべきだった?

「この手の問題では、ピューリッツァー賞を受賞した写真『ハゲワシと少女』が有名だと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.