くらし情報『衝撃!蛭子能収の“認知症”が発覚で「もうテレビで見られないのかな…」』

2020年7月12日 10:32

衝撃!蛭子能収の“認知症”が発覚で「もうテレビで見られないのかな…」

蛭子能収

(C)まいじつ

漫画家でタレントの蛭子能収が、7月9日に放送されたバラエティー番組『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京系)に出演。認知症治療の検診を受け、レビー小体病とアルツハイマーの合併症であることが判明した。

蛭子はここ最近、物忘れがひどいといい、心配した妻とマネジャーが同番組に相談。認知症治療の専門病院で検査を実施したところ、簡単な計算ができず、物忘れや幻視などの症状があることが発覚した。

また付き添った妻からは、「洗濯カゴの中の衣類を見て、私が倒れていると思って叫んだりする」という衝撃的な発言も飛び出した。

蛭子といえば、太川陽介とのコンビで日本中をバスで旅する『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京系)で人気になったが、体力の衰えを理由に番組から降板している。

■ 蛭子さんのボケが計算ではない可能性が…

まさかの衝撃的な診断結果に、ネット上では驚きの声が上がっている。

《え、もともとおとぼけキャラだと思ってたけど、本当に認知症になっちゃったの?マジでショックなんだけど》
《蛭子さんボケるにはまだ早い年齢だよね。もうテレビで見ることもなくなっちゃうのかなぁ…》
《もう蛭子さんのボケで笑えなくなっちゃったね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.