くらし情報『『日向坂46』の“手作り餃子”酷評でファン怒り「意味がわからない」』

2020年7月14日 11:00

『日向坂46』の“手作り餃子”酷評でファン怒り「意味がわからない」

『日向坂46』の“手作り餃子”酷評でファン怒り「意味がわからない」

(C)CREATISTA / Shutterstock

『日向坂46』の佐々木久美が、7月13日放送の『有田プレビュールーム』(TBS系)に出演。お笑い芸人の家族が佐々木の手作り餃子にダメ出ししたとして、佐々木のファンから怒りの声があがっている。

MCの『くりぃむしちゅー』有田哲平に芸能人が手作り企画を持ち込み、シリーズ化を提案する同番組。餃子好きだという『3時のヒロイン』福田麻貴は、芸能人が自宅で作った餃子を取り寄せ、福田が家族とともに食べ比べる企画を考案。哀川翔、佐々木、獣神サンダー・ライガーが手作り餃子を調理することになった。

料理が趣味という佐々木は「ヘルシーな太らない餃子を作りたい」と宣言。タネをひき肉1、白菜1、豆腐2の割合で調合。豆腐の水気を飛ばそうとごま油を用いるなど工夫し、餃子を完成させた。

■ 佐々木久美の餃子をバッサリ!「マズく感じる」

しかし試食した福田の母は「私の餃子、食べてるから(佐々木の餃子が)どうしてもマズく感じるんちゃう?」としつつ、「豆腐ハンバーグの包み焼きや!」と例える。これに福田は「おいしくないときの(リアクション)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.