くらし情報『ギャル曽根“大食い”に限界? 加齢による衰えで「量減ったな」』

2020年7月14日 11:02

ギャル曽根“大食い”に限界? 加齢による衰えで「量減ったな」

ギャル曽根

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

ギャル曽根に〝限界説〟が浮上した。7月13日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で大食いに挑戦したところ、加齢による「衰え」を告白する場面があり、視聴者から心配する声が出ている。

この日、ギャル曽根は2つのロケに出演。このうち1つ目のロケでは『アンガールズ』の山根良顕らと共演し、串カツてんこ盛り丼に挑戦した。

山根が「曽根ちゃんはどんな作戦で食べるの?」と聞くと、ギャル曽根は「胸焼けをしないうちに、串カツ(串揚げ)を全部いっちゃおうと思って」と口に。だが豚玉串、エビフライ、豚ニンニクなど、計28本のった串揚げの量に驚がく。「串の一個一個が思った以上に重たい! シフトチェンジします」と、作戦変更を宣言し、米を中心にバランス良く食べ進めた。

■ 「胸焼けするようになった」と告白

途中、山根が「曽根ちゃんもけっこう(このメニューは)きついの?」と問うと、ギャル曽根は「油が…」と弱音を口に。「30(歳を)超えてから、胸焼けするようになりました」「本当に思うんです。年をとりたくなくて」などと加齢による食欲減退を告白する場面も。

結局、串カツてんこ盛り丼は悠々と完食したが、2つ目のロケで挑戦した3.5キロ超の巨大プレートに苦しむことに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.