くらし情報『三浦春馬さんを心配していた小栗旬…「ちゃんと生きてほしい」と語った過去』

2020年7月20日 19:00

三浦春馬さんを心配していた小栗旬…「ちゃんと生きてほしい」と語った過去

小栗旬

(C)まいじつ

7月18日に急逝した人気俳優の三浦春馬さん。世間に大きなショックが広がる中、ネット上では小栗旬の〝人を見る目〟に感心する声が多く上がっている。

三浦さんの突然過ぎる死の動機については明かされていないものの、一部ではそのストイックで優しい性格が自身を追い詰めてしまったのではないかと指摘されている。

小栗と三浦さんは、2009年4月公開の映画『クローズZERO Ⅱ』や、18年8月に公開されたアニメ実写化映画『銀魂2掟は破るためにこそある』などでたびたび共演。三浦さんが10代のころから親交があり、互いに〝旬さん〟〝春馬〟と呼び合う仲だった。そんな2人による18年のインタビュー内容が今、大きな注目を集めている。

■ 沢尻エリカの違法薬物使用も見抜いていた!?

三浦さんが小栗を俳優としても1人の人間としても「憧れの存在」と語る一方で、小栗は、

《やっぱり気になる存在ですよね。心配するときもあるし、ちゃんと生きててほしいなって思います(笑)》
《僕からすると年下の俳優の中でも、春馬はちょっと危なっかしい存在だなって(笑)。我も強いし、変な意味で馴れ合うのも好きじゃないから、自分のスタンスでいいんだけど…》

と、気に掛けていることを明らかに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.