くらし情報『お茶の間騒然!ロックバンド『WANDS』のボーカルが「若返ってる!?」』

2020年7月23日 17:31

お茶の間騒然!ロックバンド『WANDS』のボーカルが「若返ってる!?」

お茶の間騒然!ロックバンド『WANDS』のボーカルが「若返ってる!?」

(C)WAYHOME studio / Shutterstock

1990年代初頭に人気を博したバンド『WANDS』が、7月18日放送の『音楽の日』(TBS系)に出演。往年のヒットソングを披露したが、視聴者からは〝ある驚き〟が続出した。

「WANDS」が登場したのは、夕方ごろに放送された「アニソンリレー企画」。バスケットボール漫画の金字塔『SLAM DUNK』のアニメ版主題歌として、94年にリリースされた『世界が終わるまでは…』を披露した。カメラはボーカルが熱唱していく姿を捉えていったが、デビューから30年近くたっているにもかかわらず、ボーカルは随分と若い印象。ネット上にも、

《WANDSのボーカル若過ぎない!?もう50歳くらいじゃないの!?》
《WANDSのボーカルわかくね??ん??》
《何で年取ってないん?同じ人?若返ってない?》
《WANDSのボーカルの方がめっちゃ若々しくて、え!?今いくつ!?と驚いて調べてみた》

など、混乱する視聴者の声が上がっていた。

■ 飛び抜けて若いボーカルは“3代目”

「彼は上原大史という3代目ボーカルで、2019年の活動再開から加入した新メンバー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.