くらし情報『明石家さんま“子育てママ”に超失礼発言「時代遅れ感がすごい」「すんごく下品」』

2020年7月22日 11:05

明石家さんま“子育てママ”に超失礼発言「時代遅れ感がすごい」「すんごく下品」

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

明石家さんまが7月21日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、子育てを経験した女性に対して失礼な発言をしたとして、視聴者から批判を浴びている。

この日は大島由香里や西山茉希ら離婚経験者と、『メイプル超合金』の安藤なつや『チョコレートプラネット』の松尾駿ら結婚から間もない芸能人が集合。漫画家の柴田亜美氏ら独身者もゲスト出演し、結婚の是非を語り合った。

西山は、産後1、2年間の夫の過ごし方は重要だと強調。妻が育児に忙殺される時期に夫が過度に遊び歩くことは慎むべきだとした。「いつまでも待ってる女だと思うなよ」「(女性は)お母さんにはなるが、女として、妻としての寂しさは埋まることはない」などと、夜遊びにふける世の男性に敵意をむき出しにしていた。

■ 授乳時に妻の尻を「触ったらうれしかった?」

さんまは西山の発言に同調しつつ、「要するにおっぱい、ミルクあげてるときとか、お尻(を)ばーっと触ったらうれしかったんだ?」と冗談を放つ。これに大島はドン引きしたようで、「それは…余計イラッとします。お尻を触ってる暇があったらオムツを替えろと言いたくなる」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.