くらし情報『『乃木坂46』生田絵梨花“三浦春馬ショック”の裏で囁かれる電撃卒業説』

2020年7月26日 10:32

『乃木坂46』生田絵梨花“三浦春馬ショック”の裏で囁かれる電撃卒業説

一時期、〝次代のエース候補〟といわれましたが、最近、そんな話も雲散霧消。新しい名前もどんどん出てきていますからね」(前出の芸能ライター)

特番「音楽の日」にしてもそうだった。この日のメイン(センター)は齋藤飛鳥。向かって左に秋元真夏、右は白石麻衣だった。

「白石は〝名誉OG〟就任が確実なのでしょうがないにしても、なぜ齋藤がセンターなのか、なぜキャプテンの秋元が左なのか、生田は納得しなかったそうです。番組は生放送だし、晴れの舞台。生田もできればセンター、最低でも左で出たかったそうです。3人の次に挙げられた名前が自分ではなく、グッと若い与田祐希だったようで、それにキレたという話もあります」(スポーツ紙記者)

生田は写真集の売り上げでは、白石に次ぐ人気。艶めかしいビキニ姿はセクシー系グラビアアイドルそのものと、好評も博した。

「身長160センチ、バストサイズ86センチのFカップ級。〝生田のカラダは最高〟などと書くゲスなメディアは多い。乃木坂にいても出世は望めないのであれば、さっさと卒業を考えるべきでしょう。グラドルの方が、はるかに人気が出ますよ」(アイドル雑誌編集者)

生田の〝賢明な決断〟に期待しよう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.