くらし情報『石原さとみ『アンサング・シンデレラ』やり過ぎ“越権行為”に呆れ声…』

2020年7月28日 19:00

石原さとみ『アンサング・シンデレラ』やり過ぎ“越権行為”に呆れ声…

石原さとみ

(C)まいじつ

石原さとみ主演ドラマ『アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の評判が、思った以上に芳しくない。薬剤師にスポットを当てた本邦初のドラマという触れ込みだったが、肝心の内容が「妙にウソっぽい」というのだ。

「ドラマですから引きの誇張があるのは分かります。でも、医師が見ても『あり得ない内容』だというのです。薬剤師の職を逸脱しており、誤解さえ生みかねません」(医学誌ライター)

7月16日の初回視聴率は10.2%。23日放送の第2話は9.8%と、かなり微妙な数字だ。主人公は、病院内薬剤師である葵みどり(石原)。新米薬剤師の相原くるみ役には元『乃木坂46』の西野七瀬が登場し、注目を集めている。問題となったのは、23日に放送された第2話の内容だ。

「葵は重症な男性患者に、状況がおかしいので何か他の薬と一緒に飲んでいないか詰問するのです。すると男性は『飲んでいない』と否定。その後、男性は意識不明の悪化。そこで葵は離れ離れの娘の許可を得て、男性のマンションを家宅捜索。入院カードを見つけ出し、処方薬や既往症を特定するのです。もう、ほとんど冗談の内容です」(同・ライター)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.