くらし情報『三浦春馬“豪華写真集”が転売ヤーの餌食に…「めちゃくちゃ高騰してる」』

2020年7月30日 17:30

三浦春馬“豪華写真集”が転売ヤーの餌食に…「めちゃくちゃ高騰してる」

三浦春馬

(C)まいじつ

去る7月17日に東京・港区内の自宅マンションで自殺した俳優・三浦春馬さんの著書が〝転売ヤー〟の格好の餌食になっている。

ターゲット商材となっているのは、三浦さんが今年4月6日に発売した著書『日本製』と『日本製+Documentary PHOTO BOOK 2019-2020』の2冊。月刊誌『プラスアクト』に掲載された記事を書籍化したもので、三浦さんが約4年をかけて全国47都道府県を訪れ、日本文化、伝統、歴史、産業など未来へ向けて残したい日本を自ら取材している。また、三浦さんにとって初となるドキュメンタリー写真集でもあり、2冊を合わせると520ページの大ボリューム。ファン垂涎の書籍と言っていい。

「同書はそれぞれ定価が2640円、5280円ですが、三浦さんが亡くなった翌日からファンが殺到して購入したため、品切れ状態になりました。転売ヤーはそれを見越してか、ニュース直後に大量購入した書籍をヤフーオークションやメルカリに出品。現在、高いものでは2巻セットで3万円近い価格で取引されています。ファンにとってはどうしても手に入れたい書籍でしょうが、あまりにも高過ぎますね。三浦さんの死に乗じて金もうけをしようとする転売ヤーに、非難の声が殺到しています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.