くらし情報『ソフトバンクの“ドラえもんCM”大炎上!「原作への侮辱」「かなり不快」』

2020年8月1日 19:01

ソフトバンクの“ドラえもんCM”大炎上!「原作への侮辱」「かなり不快」

ソフトバンクの“ドラえもんCM”大炎上!「原作への侮辱」「かなり不快」

(C)Vladimir Gjorgiev / Shutterstock

国民的漫画『ドラえもん』を実写化した、大手通信会社『ソフトバンク』の新CM。ユーモアにあふれた遊び心のあるコラボCMだが、どうやら視聴者からの評判はあまりよろしくないようだ。

CM内でドラえもんを演じるのは、言わずと知れた有名ハリウッド俳優のブルース・ウィリス。15歳ののび太を鈴木福、タイムマシンで現れた45歳ののび太を堺雅人が演じ、小手伸也と『阿佐ヶ谷姉妹』渡辺江里子がのび太の両親に扮するなど、異色の共演が実現している。

CM内でPRしているのは、次世代の高速通信規格である5G。近未来的技術の5Gを「ドラえもん」に重ねており、お父さん犬でおなじみ「白戸家」の上戸彩が「『ドラえもん』が来るようなものね」と5Gを例える。すると、ブルース・ウィリス扮するドラえもんが白戸家の屋根を破って落下し、「僕ドラえもん」と自己紹介して再び空へ。白戸家が後を追うと、隣に引っ越してきたのび太一家に遭遇する。

■ 原作版『ドラえもん』へのリスペクト不足?

CMにはいくつかのシリーズが存在し、「タケコプター・大人ののび太」篇には、15歳のジャイアン・スネ夫・しずかも登場。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.