くらし情報『“昏睡レイプ“を茶化してムロツヨシ『親バカ青春白書』が炎上「胸クソだ」』

2020年8月4日 10:32

“昏睡レイプ“を茶化してムロツヨシ『親バカ青春白書』が炎上「胸クソだ」

ムロツヨシ

(C)まいじつ

8月2日に第1話が放送された新ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)が、不適切な脚本でさっそく炎上してしまった。

同ドラマは、永野芽郁が演じる娘を心配するがあまり、父親役のムロまで娘と同じ大学に進学してしまうというコメディードラマ。監督を務めるのは、現在公開中の話題の映画『今日から俺は!!劇場版』などコメディータッチの作品を大の得意とし、これまで自身の作品に何度もムロを起用してきた福田雄一氏だ。

そんな〝名タッグ〟ドラマの記念すべき第1話。ストーリーの山場である終盤に、トンデモない展開が訪れる。

永野演じる娘・さくらは、ムロ演じる親バカな父・太郎の目を盗み、他大学も交ざった「インターカレッジ」テニスサークルの飲み会に友人と参加。緊張しながら会場であるナイトクラブに入り、未成年だからとソフトドリンクを注文する。しかし、実はこのイベント主催者、サークルの皮をかぶったレイプ集団。飲み物にドラッグを混ぜる手口で女性をレイプしており、さくらと友人も徐々に意識が薄れていくのだった。

絶体絶命のさくらだったが、太郎が携帯のGPS機能で居場所を突き止め、助けに来たことで一件落着。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.