くらし情報『ギャル曽根“大食い対決”で疑惑浮上! 相手のペースダウンに「わざと負けた?」』

2020年8月4日 11:05

ギャル曽根“大食い対決”で疑惑浮上! 相手のペースダウンに「わざと負けた?」

ギャル曽根

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

タレントのギャル曽根が、8月3日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で2度の大食いに挑戦した。この日もゲストの芸能人とタイムを競ったが、対戦相手が終盤、リードしていたにもかかわらず極端にペースを落とし、土壇場でギャル曽根が大逆転。これに視聴者は疑いの目を向けている。

この日は俳優の竜星涼と犬飼貴丈、『トータルテンボス』の藤田憲右と対戦。前回の挑戦で藤田は、ギャル曽根に34秒遅れをとったものの完食していた。

土鍋炊きご飯の店を訪れた一行には、12人前の土鍋ご飯が出された。米900グラムに豚の生姜焼き、ローストビーフ、鶏の唐揚げ、マグロのハラス4本などをのせた3.5キロのメニューだ。

■ 勝利直前で水に手を伸ばしペースダウン

ギャル曽根が肉をご飯に巻いて効率的に食べる中、今回が10回目の参戦となる藤田も米をかきこんで応戦。開始10分の時点でギャル曽根を上回るペースで食べ続けた。

25分経過時点でも藤田がリード。残り10分でもデッドヒート状態だったが、藤田は残していたジャガイモを口にすると苦しみ始め、思わず水を口に。「イモでめちゃめちゃ水分取られる」と急激にペースダウンしていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.