くらし情報『『東大王』ロザン宇治原“正解ゼロ”に呆れ声「何しにきたんだ」』

2020年8月6日 11:05

『東大王』ロザン宇治原“正解ゼロ”に呆れ声「何しにきたんだ」

宇治原史規

(C)まいじつ

8月5日放送の『東大王』(TBS系)に京都大学OBの『ロザン』宇治原史規らが参戦。しかし、宇治原が番組を通して正解がゼロだったとして視聴者から呆れ声を集めている。

宇治原は今年1月放送回にも参戦したが東大王チームに完敗。今回はヴァイオリニストの松尾依里佳、俳優の山西惇ら京大出身者とともに参戦、芸能人チームに加わった。ヒロミの「今日は勝てますか?」との問い掛けに、大将を務める宇治原は「1回目の反省を生かして勉強してきた。2回負けることはないです」ときっぱり。「宇治原、2回負けないっしょ」と意気込んだ。

月の土地1200坪分の値段を問う4択問題では鶴崎修功が誤答を出し、同じチームの宇治原と辰巳琢郎のみに解答権が回る大チャンス。宇治原が代表して270万円と答えたが、正解は2700円。ドローに終わり、ヒロミは「(月に)行けないのにこんな(値段な)わけないじゃねえかよ!」ととがめた。

■ 魚の名前問うクイズで珍味の名を答え…

魚の名前を問う漢字が並んだ「難読オセロ」でも「鮊子(いかなご)」を「からすみ」と読み間違え、ヒロミが「珍味でしょ、あれ」と呆れる。宇治原は「魚の名前というところを見落としていた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.