くらし情報『石原さとみ『アンサング・シンデレラ』“自虐のセリフ”に視聴者アゼン…』

2020年8月9日 10:31

石原さとみ『アンサング・シンデレラ』“自虐のセリフ”に視聴者アゼン…

石原さとみ

(C)まいじつ

石原さとみ主演のフジテレビ系医療ドラマ『アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋』が崖っぷちだ。このままならば〝短縮打ち切り〟の可能性もあるという。

「とにかく内容のひどさが目立ちます。描写が浅いとか視点がズレているとか、そんな問題ではありません。いくらドラマとはいえ、仕事内容にウソが多過ぎる。石原演じる薬剤師・葵みどりは医師や看護師のようなことばかりするし、探偵のように患者の調査もする。〝一体、あなたはナニモノ?〟という感じです」(テレビ雑誌ライター)

フジは当初、「連ドラ史上初となる病院薬剤師を主人公にした医療ドラマ」を強調。2月の時点で石原の主演だけを発表し、大宣伝を始めた。

「その後、女性からも人気の元『乃木坂46』西野七瀬を新人薬剤師・相原くるみ役に起用。売れっ子俳優の田中圭が出ることも分かった。当然、薬剤師とはどんな仕事だろうと期待が集まったのです。ところがドラマが始まったら、内容が大外れ。誰が見ても薬剤師の仕事に見えないのです」(同・ライター)

実際、院内で働くホンモノの薬剤師たちも、ドラマを見て仰天しているという。ネット上には「内容がいいかげん過ぎる」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.