くらし情報『アンジャ渡部建“突然のゲスツイート”に批判続出「救いようが無い」』

2020年8月14日 11:00

アンジャ渡部建“突然のゲスツイート”に批判続出「救いようが無い」

渡部建

(C)まいじつ

複数女性との〝多目的トイレ不倫〟で活動休止中の『アンジャッシュ』渡部建が8月12日、突如自身のツイッターを更新。恐らく〝誤爆〟と思われるが、内容が内容だけに、ネット上では非難の声が続出している。

不倫発覚後、今日に至るまで公の場で説明の機会を設けず、未だに雲隠れ状態を続ける渡部。相方の児嶋一哉が、ピンでバラエティー番組やYouTubeに奮闘している中、どうやら〝芸能界のグルメ王〟は来たる復帰へ向けて着々とグルメ情報を集めているようだ。

騒動後、更新が途絶えていたツイッターが12日の午前10時半頃、突然更新された。その内容は、《[食べログ]グリューネ・ベカライ、r》(原文ママ)で、文末にはサムズダウンの絵文字が2つ。しかし、まもなくこの投稿は削除された。

「『グリューネ・ベカライ』は、東京・世田谷にあるパン屋のことでしょう。このお店では、パン本来の味を引き出すべく低温長時間発酵による製法と、スイスの伝統的な製法を採択。閑静な住宅街である代田橋駅前に位置し、スイスの伝統的な食事パン〝編みパン〟も販売していることから、普段使いできるお店として着実にファンを増やしています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.