くらし情報『ハリセンボン春菜が“コロナ軍団山本”擁護で批判殺到「身内のかばい合い」』

2020年8月17日 17:30

ハリセンボン春菜が“コロナ軍団山本”擁護で批判殺到「身内のかばい合い」

近藤春菜

(C)まいじつ

8月13日から相次いで新型コロナウイルスの感染が発覚した、『極楽とんぼ』山本圭壱をはじめとする通称「軍団山本」。危機意識の薄さに世間からの批判が噴出する中、『ハリセンボン』近藤春菜が彼らを擁護したとして批判を浴びている。

山本は今月8日、『ココリコ』遠藤章造や『品川庄司』庄司智春ら軍団メンバー5人とともにYouTube配信を敢行。すると、13日に山本のコロナ感染が判明し、翌日には庄司と『じゃぴょん』桑折貴之、15日には遠藤にも感染が発覚。配信に出演した芸人全員が感染するという、典型的な〝クラスター〟となってしまった。

主な配信内容は、飲食物を並べたテーブルを挟み、近距離で密接した6人が行うトーク。しかし言わずもがな、現在はノーマスクや集団での食事会を避けるよう気を付けなければならないご時世だ。フェイスシールドやアクリル板の仕切り等も全く見て取れず、感染対策はずさんと言わざるを得ない同配信。このお粗末さにより、感染には同情どころか批判が殺到。また、所属する吉本興業の意向で動画が削除されたことも、「証拠隠滅」などと火に油を注いでいる。

■ 「弱い人たち相手ならたたきまくるのに…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.