くらし情報『『モニタリング』ヤラセ疑惑! 不自然なドッキリ企画に「指示してる?」』

2020年8月21日 11:04

『モニタリング』ヤラセ疑惑! 不自然なドッキリ企画に「指示してる?」

『モニタリング』ヤラセ疑惑! 不自然なドッキリ企画に「指示してる?」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

8月20日の『モニタリング』(TBS系)で、一般人に対するドッキリ企画が放送された。視聴者は、ターゲットの行動が不自然だったと指摘。一部で「ヤラセでは?」と疑う声があがっている。

この日も番組は、一般人に対してドッキリを敢行。再現ドラマのエキストラとして一般人を募り、撮影場所まで路線バスに乗せた。

バス内ではつり革が勝手に落ちたり、勝手に降車ボタンが押されたり、車内の電気が全て落ちるなどして、ターゲットが驚いていく。さらにクライマックスでは、バス後方から浴衣の女性が突然現れて、ターゲットを恐怖におとしいれた。

スタジオからは笑いが起きていたが、視聴者は乗り合わせた夫婦の行動に疑問を抱いている。3組目の妻は恐怖におののきながらペットボトルの水を取り出し、夫にキャップを外してもらい水に口をつけた。だが水のボトルにはラベルが貼られていなかったのだ。視聴者はこれを「番組スポンサーへの配慮では?」と受け取ったようだ。

■ 「スポンサーへの配慮?」「指示があるの?」

また、3組が全て同じ席に座っていたことや、「路線バス」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.