くらし情報『日テレの野球中継がフザけ過ぎ? 野球賭博ノリに呆れ声「ネットでやれ」』

2020年8月24日 17:31

日テレの野球中継がフザけ過ぎ? 野球賭博ノリに呆れ声「ネットでやれ」

日テレの野球中継がフザけ過ぎ? 野球賭博ノリに呆れ声「ネットでやれ」

Krakenimages.com / Shutterstock

8月20日の日本テレビ系の野球中継『DRAMATIC BASEBALL 巨人×阪神』で行われた新企画「野球脳サバイバルナイター」に、視聴者から賛否が吹き荒れた。

同企画は、クイズ王として人気沸騰中のタレント・伊沢拓司とフリーアナウンサー・羽鳥慎一、中畑清氏、高橋由伸氏ら野球解説者5名が〝次のバッターの結果〟を予想しながら中継を進めるというもの。アウトからホームランまで1~10のポイントが割り振られており、ポイントの低かった者は、順次帰宅していくサバイバルゲームだ。

バッターが打席に入ると、一同は「ヒット」「アウト」「犠打・犠飛」など、各々の予想した札を上げていく。結果が出ると、当たり外れを巡って一喜一憂。まるで居酒屋のテレビで野球を見ている中年たちのような光景が、地上波ゴールデンで繰り広げられた。

最初に脱落したのは、何と日テレ系で30年以上野球解説をしている元巨人・江川卓氏。さらに、帰宅の様子は番組公式ツイッターに動画でアップされるという〝さらし者〟のような演出も行われたのだった。

■ 賛否入り乱れる超カオス状態に!

なかなか斬新な企画だったが、画面は常時L字で各人のワイプが映っており、試合だけを見たい視聴者にとっては、邪魔でしかない構成。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.