くらし情報『『24時間テレビ』の感動をぶち壊し! 徳光和夫の老害発言に「いい年してキモい」』

2020年8月24日 11:04

『24時間テレビ』の感動をぶち壊し! 徳光和夫の老害発言に「いい年してキモい」

徳光和夫

(C)まいじつ

8月23日放送の『24時間テレビ〜愛は地球を救う』(日本テレビ系)で、フリーアナウンサー・徳光和夫の発言が的外れだったとして、視聴者から叱責を浴びている。

番組では、「チームQ」による「募金ラン」を実施。元女子マラソン五輪金メダリストの高橋尚子ら6人が全長5キロの周回コースを走った。

ラン終了22分前から、一人で走る高橋の姿を中継。力強く走る高橋に「2日間、120キロ走ってきたようには見えない」との声が漏れた。ラン終了13分前からは土屋太鳳や吉田沙保里、陣内貴美子ら「チームQ」メンバーが合流、6人で最後まで走ることに。

■ 土屋太鳳らを絶賛「女子高生のようですね!」

スタジオでは『サライ』を歌いながら6人を応援。蛯原哲アナウンサーが実況する中、徳光は6人を絶賛する言葉を繰り返す。ラン終了まで残り4分を切り、疲れの色を見せながらも笑顔で走る6人に徳光は感激した様子。「なんか、みなさん女子高生のようですね!」と叫んだ。

蛯原アナウンサーは「徳光さんも長い間、見てきたと思うんですけど、こんなフィナーレあるんですね!」と、これまでの「24時間マラソン」と比較。過去のランナーが疲労困憊の様子を見せていたのとは対照的に、6人が満面の笑みで生き生きと走っていると強調してフォローする。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.