くらし情報『『24時間テレビ』ブルーインパルスの無駄遣いに怒り「敬意がない!」』

2020年8月27日 17:30

『24時間テレビ』ブルーインパルスの無駄遣いに怒り「敬意がない!」

『24時間テレビ』ブルーインパルスの無駄遣いに怒り「敬意がない!」

(C)Khakimullin Aleksandr / Shutterstock

『24時間テレビ愛は地球を救う』(日本テレビ系)で放送されたプログラムに、ネット上で批判が寄せられている。

放送2日目の8月23日、番組は13時ごろから航空自衛隊のパフォーマンス飛行部隊・ブルーインパルスによるアクロバット飛行を放送。東日本大震災から10年目を迎えた「復興の道しるべ」として、4機が宮城県・松島基地から飛び立つ様子を放送した。

震災からの復興にかけた演目だったが、映像では医療従事者たちが空に手を振り、アナウンサーは「ブルーインパルスが、新型コロナウイルスと戦う方々への感謝と敬意を表しています」などと実況。趣旨にブレが見られたものの、空へハートマークを作ったブルーインパルスに、メイン会場・両国国技館の出演者たちはワイプでリアクションを取っていく。

そのとき、画面からは音楽が流れ始め、映像は国技館で沢田研二の楽曲『TOKIO』を歌う山崎育三郎の姿にチェンジ。飛行映像は、背後の巨大モニターに映し出されていった。

■ 炎上で『TOKIO』が火の海に…

「空を飛ぶ 街が飛ぶ 雲を突き抜け星になる♪」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.