くらし情報『ムロツヨシ“20歳差”恋愛!?『親バカ青春白書』の超展開に「気持ち悪い…」』

2020年8月28日 10:32

ムロツヨシ“20歳差”恋愛!?『親バカ青春白書』の超展開に「気持ち悪い…」

ムロツヨシ

(C)まいじつ

職権乱用のセクハラセリフ導入や、昏睡レイプ事件のコメディー化など、何かと視聴者を不快にさせていることで話題のドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)。同ドラマの今後の展開が、またも視聴者の不快感を招いているようだ。

同作は、永野芽郁が演じる娘・さくらを心配するあまり、父親の〝ガタロー〟(ムロツヨシ)まで娘と同じ大学に通ってしまうコメディードラマ。監督は「なれ合いノリが寒い」などと一部のアンチから陰口されながらも、日本国民の笑顔に貢献しているコメディー界の鬼才・福田雄一氏が務めている。

〝喜劇王〟ムロの主演もあって、列島中は爆笑の渦…かと思いきや、最新8月23日放送の第4話が、視聴者から「現実離れし過ぎだ」などと呆れられているようなのだ。

同回のガタローは、さくらの友人・美咲(小野花梨)と同じカフェでバイトを始めることになったのだが、そこへ美咲の元カレが来店。ヤンキーの元カレは仕事中にもかかわらずしつこく迫り、怒った美咲が蹴りを浴びせても「美咲の蹴りは最高やん!美咲が忘れられんと!」と譲らない。

すると、美咲は元カレを諦めさせるため、とっさに「今はこの人と付き合っとるんよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.