くらし情報『51歳・森高千里“ナマ脚”全開のミニ丈衣装に賛嘆!「これは魔術の世界」』

2020年8月30日 11:02

51歳・森高千里“ナマ脚”全開のミニ丈衣装に賛嘆!「これは魔術の世界」

〝奇跡の51歳〟こと歌手の森高千里が、8月26日に放送された『2020 FNS歌謡祭夏』(フジテレビ系)に出演。年齢を感じさせないショートパンツ姿に、視聴者からはうっとりする声が殺到している。

新型コロナウイルスの影響で、初の無観客ライブとなった同番組。森高は「今頑張っている中高生に伝えたい名曲」として、1991年発売のシングル『ファイト!!』と、94年発売のシングル『気分爽快』の2曲を披露した。

衣装は、白地に黒のストライプ模様が入ったセットアップのパンツで、圧巻のショート丈。7センチはあろうかというヒール高のショートブーツにはチェーンが付き、髪型はサイドを編み込み、アクセサリーはシルバー系で統一と、ロックな雰囲気も出しつつ、歌唱中は時折〝ぴょこぴょこ〟飛び跳ねるなど元気いっぱいの歌唱となった。

View this post on Instagram

フジテレビ系列で放送中 FNS歌謡祭 夏 森高千里さん ありがとうございました ファンの皆さんとのリモート飲み会 最後の乾杯! で熱さも吹き飛びますね! 夏うた名曲メドレーいかがでしたか? 感想は #FNS歌謡祭 を付けて ツイートしてくださいね ! #森高千里 #ファイト!! #気分爽快

A post shared by FNS歌謡祭【公式】 (@fns_kayosai)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.