くらし情報『『ドッキリGP』また炎上! カナヅチ芸人を水に落として「命に関わるのでは」』

2020年9月3日 10:32

『ドッキリGP』また炎上! カナヅチ芸人を水に落として「命に関わるのでは」

『ドッキリGP』また炎上! カナヅチ芸人を水に落として「命に関わるのでは」

(C)WAYHOME studio / Shutterstock

8月29日放送の『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)2時間SPで、〝危険過ぎるドッキリ〟が行われたと視聴者が怒りをあらわにした。

問題のドッキリは、番組では恒例となっている人気のシリーズ「フィッシングミサイル」だ。お笑いトリオ『パンサー』菅良太郎が考案したこのドッキリは、ターゲットが釣り竿を投げると同時に台座が開き、海や川に投げ飛ばされてしまうという古典的な仕掛け。しかし、古典的ゆえか視聴者の人気も高く、番組では恒例のドッキリとなっている。

この日の放送でも、芸人からボーイズグループまでさまざまな芸能人が標的に。今、人気の「お笑い第7世代」からは『四千頭身』の都筑拓紀が出演し、「フィッシングミサイル」の洗礼を浴びていった。

都筑が竿をリリースすると勢いよく台座が開き、放物線を描きながらきれいに水の中へ。ドッキリらしい見事な光景にワイプは爆笑するが、都筑は何やらもがくように手足をバタつかせている。

■ 一歩間違えれば四千頭身・都筑拓紀の命に危険が…

VTRを見ていたスタジオに妙な空気が漂うと、ここで都筑は「助けてくれぇ!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.