くらし情報『木村拓哉ドラマ『教場』再び! 視聴者はあの“棒演技”のトリコ!?』

2020年9月5日 17:31

木村拓哉ドラマ『教場』再び! 視聴者はあの“棒演技”のトリコ!?

木村拓哉

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

今年の1月、フジテレビ開局60周年特別企画として2夜連続で放送された俳優の木村拓哉主演ドラマ『教場』が、来年2021年の新春も同じく2夜連続『教場2』(仮)として放送されることが決定した。

「1月4日に放送された第1話は世帯視聴率15.3%、5日放送の第2話は同15.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、いずれも高視聴率をマークしました。木村らしからぬ暗い役柄は賛否ありましたが、長尺の2夜連続ドラマということを考えれば、さすがと言える結果でしたね」(テレビ雑誌編集者)

木村が演じた警察学校〝最恐〟の教官・風間公親は、非常に偏った考えの持ち主。警察学校を〝適性のない人間を振るい落とす場〟と考えている。しかし厳しいだけでなく、性格も非常に冷たい。学生をイジメ抜く隻眼の教官だ。

「学生を育てとようという気がなく、自分が命令したことへの一切のミスを許さない。その上、ささいな失敗があると『退校届を書け』と迫る。立場をカサに着て学生をイジメるパワハラ教官が、意外にも木村にピタッとハマった。だからヒットしたのでしょう」(同・編集者)

■ 「キムタクに合ってるドラマ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.