くらし情報『『のだめカンタービレ』再放送にドヨメキ!“いわく付き”になったワケは…』

2020年9月5日 10:32

『のだめカンタービレ』再放送にドヨメキ!“いわく付き”になったワケは…

上野樹里

(C)まいじつ

上野樹里と玉木宏が主演を務めたドラマ『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)が、9月9日より6年ぶりに地上波で再放送されることが明らかになった。人気作なだけにネット上では歓喜の声に包まれているが、同時に「よく放送できたな」などと、驚きの声も上がっている。

同作は、漫画家・二ノ宮知子氏による同名タイトルが原作。指揮者を目指すエリート音大生の千秋真一(玉木)と、彼に一目惚れしたピアノ科の変わり者、野田恵(上野)によるラブコメディー。永山瑛太や紗栄子が演じる落ちこぼれ音大生によるポップで青春感あふれる群像劇や、本格的なオーケストラが楽しめるのも人気の理由だ。2006年10月から12月にかけて放送され、視聴率は全話平均18.9%で、最終回は驚異の21.7%を記録。その後、前後編で映画化されるなど、社会現象を巻き起こした。

そんな同ドラマの再放送は、14年7月以来のこと。今回の決定に、ネット上では喜びの声が殺到しているが、ドラマファンは今まで、再放送は〝ほぼ絶望的〟と考えていたようだ。

■ 小出恵介ほかいくつもの憂慮すべき点があって…

「玉木に恋心を寄せる〝アフロ&オネエ〟パーカッション役として、小出恵介が出演していましたが、周知の通り、彼は17年6月に起こした未成年女性とのトラブルで芸能活動を休止しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.