くらし情報『『半沢直樹』特番が大不評! 高視聴率も“批判殺到”になった理由とは…』

2020年9月9日 10:32

『半沢直樹』特番が大不評! 高視聴率も“批判殺到”になった理由とは…

堺雅人

(C)まいじつ

9月6日、ドラマ『半沢直樹』(TBS系)第8話の制作遅延によって、代わりに特別番組『生放送!! 半沢直樹の恩返し』が放送された。しかし、同番組が思わぬ大不評となったようだ。

俳優の堺雅人、香川照之、及川光博、片岡愛之助、お笑いコンビ『アンジャッシュ』の児嶋一哉などが出演し、視聴者からの質問に答えていった1時間の生放送番組。撮影の裏側を知ることができた視聴者からは喜びの声が上がり、平均世帯視聴率も22.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、ドラマ並みの数字を記録した。

早くも第二弾が望む声が上がっているが、実は批判の声も殺到している。実際にネット上の反応を見ると、

《非常に面白かったですね。ただ、ヒロミと久本の出演はNGでしたね》
《もう一度特番でやってほしいです。ヒロミ、久本なしで》
《ヒロミさんと久本さんは不要でしたね。未公開シーンと出演者のトークだけでよかった》
《本編のドラマファンのための生放送なんだから、そりゃ大半の視聴者はあの2人の芸人は邪魔だと思うよ》

など、パネラーとして登場した、久本雅美とヒロミに非難が殺到しているのだ。

■ ヒロミはダメ! ミッチーはOK!

この批判の勢いは凄まじく、『半沢直樹』の公式ツイッターアカウントにも苦情が寄せられる始末。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.