くらし情報『勝俣州和のYouTubeが情けない…「大物の名前を利用」「便乗商法」』

2020年9月12日 11:01

勝俣州和のYouTubeが情けない…「大物の名前を利用」「便乗商法」

勝俣州和

(C)まいじつ

バラエティー進出を果たすユーチューバーが激増する一方で、カウンターのごとく続々とYouTubeデビューしている芸能人たち。高い知名度から既存のユーチューバーを駆逐する勢いを見せる彼らだが、中には評判の悪い芸能人も多いようだ。

昨今、この典型として名前が挙がっているのが勝俣州和。かつては、テレビで見ない日はないほど売れっ子だったが…。

「ここ数年で見掛ける機会はグンと減少。その対抗策としてか4月16日にYouTubeチャンネルを開設するも、約1カ月でチャンネル登録者数700人あまり、総視聴回数9000回ほどと、芸能人ユーチューバーとは思えないヒドイありさまでした」(芸能ライター)

テレビでウケるコンテンツがウケるとは限らないのがネット空間。勝俣もこのギャップに苦しみ、テレビの裏話やおすすめグルメ動画を投稿するも、数千回の再生と苦戦する日々が続く。

そんな勝俣の〝起死回生〟となったのが、スターの威光を利用した〝便乗動画〟だ。

■ 人の名前を利用しまくる情けなさ…

勝俣のチャンネルで再生回数トップとなっているのは、『とんねるず』の裏話を明かした動画。他にも、再生数上位には哀川翔や志村けんさん、『鬼越トマホーク』『ダウンタウン』など、話題の人やビッグネームが連なっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.