くらし情報『『半沢直樹』上戸彩の出番ナシに驚きの声「テンポ良い」「何かあった?」』

2020年9月15日 10:32

『半沢直樹』上戸彩の出番ナシに驚きの声「テンポ良い」「何かあった?」

半沢直樹

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

9月13日、堺雅人主演のドラマ『半沢直樹』(TBS系)の第8話が放送された。この回では半沢の妻役である上戸彩が全く登場しなかったことで、さまざまな憶測が飛び交ったようだ。

『東京中央銀行』のバンカー・半沢直樹(堺)が、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた前作。今作は、その半沢が出向先の『東京セントラル証券』で大奮闘。理不尽な要求を突き付ける相手に見事な〝倍返し〟を食らわし、ついに東京中央銀行へと返り咲いた。

今回の第8話は、なじみの小料理屋の女将・智美(井川遥)の過去が明らかに。元銀行員で、かつて中野渡頭取(北大路欣也)の部下だったという。また、過去に銀行と政権与党の箕部幹事長(柄本明)との間に、不審な融資のやり取りがあった疑惑も浮上していった。

■ 濃い物語の〝箸休め〟上戸彩不在を残念がる視聴者

「怒涛の展開で、平均世帯視聴率は25.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)となり、今シーズンで最高となりました。しかしこの回では何と、上戸彩が登場しなかったのです。これまで毎回、無理やりのようにねじ込んでいた出演シーンがなく、ネット上では驚きの声が上がっています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.