くらし情報『「黙れババア!」誹謗中傷歴アリ…早くも不安視されるデジタル担当大臣』

2020年9月16日 17:33

「黙れババア!」誹謗中傷歴アリ…早くも不安視されるデジタル担当大臣

「黙れババア!」誹謗中傷歴アリ…早くも不安視されるデジタル担当大臣

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

9月16日、臨時国会で菅義偉自民党総裁が第99代首相に指名され、〝菅内閣〟が正式に発足した。新内閣の大臣が一様にヤル気を見せる中、早くも大きな心配を浴びている人物がいる。「デジタル担当大臣」として入閣した平井卓也大臣だ。

平井大臣は香川1区選出、当選7回の衆院議員。新卒で大手広告代理店の電通に入社し、自民党のIT戦略委員長やネットメディア局長を歴任するなど、一貫してデジタルやネットとともに歩んできた。2年前の第4次安倍改造内閣でもIT担当大臣に就任しており、今回は二度目の入閣となっている。

こうした経歴からすると、まさに〝適材適所〟に見える今回の入閣。しかしそのイメージに反し、過去には「デジタル」でお粗末過ぎる〝ポカ〟を何度もやらかしているのだ。

■ デジタル大臣が誹謗中傷の皮肉

「ネットを担当してきたにもかかわらず、自演工作コメントがバレたことがあるのです。時は2013年の参院選。当時、自民党ネットメディア局長を務めていた平井大臣は、ニコニコ生放送で行われた党首討論に《あべぴょん、がんばれ》とコメント。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.