くらし情報『『ヘキサゴン』ファミリーが悲惨過ぎ!? 祭り上げられた“おバカ”たちの今…』

2020年9月22日 11:00

『ヘキサゴン』ファミリーが悲惨過ぎ!? 祭り上げられた“おバカ”たちの今…

つるの剛士

(C)まいじつ

お茶の間に〝おバカキャラブーム〟を巻き起こした『クイズ!ヘキサゴンⅡ』(フジテレビ系)。元タレントの島田紳助氏がMCを務めていた伝説のバラエティー番組だが、そうそうたる出演者たちの現在が〝悲惨〟だと話題になっている。

番組で生まれた音楽ユニット『羞恥心』のリーダー・つるの剛士は、他の〝ヘキサゴンファミリー〟と違い、番組終了後もメディアへの露出が多かった。しかし現在はSNS関連で、タレント生命の危機に瀕している。

つるのは、9月4日にツイッターへ《うちの畑も最近パクチーやられました(現行犯でしたが※「日本語わからない」の一点張り)ので気をつけてください。悲しいですが監視カメラ取りつけました》と投稿。このツイートに、「外国人へのヘイトスピーチ」などのリプライが多く送られているのだ。

さらに9月中旬に、ツイッターで〝非公開リスト〟が閲覧できるバグが発生。この出来事によって、つるのが新興宗教団体『幸福の科学』関係者のリストを作成していたことがバレてしまう。団体とどのような関係があるのかは不明だが、一連の〝思想的なツイート〟は、団体が影響していると邪推する声が続出した。

■ 野久保直樹のYouTubeで最も再生回数が多いのは…

『ヘキサゴン』でブレークした木下優樹菜の現状も、悲惨と言えるだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.