くらし情報『『CDTV』の‟歌詞チェンジ”にザワつく視聴者「本人に失礼だろ!」』

2020年9月22日 11:04

『CDTV』の‟歌詞チェンジ”にザワつく視聴者「本人に失礼だろ!」

『CDTV』の‟歌詞チェンジ”にザワつく視聴者「本人に失礼だろ!」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

9月21日放送の『CDTVライブ!ライブ!』(TBS系)で、アーティストが本来の歌詞を言い換えて歌ったことが話題になっている。視聴者は、変更せざるを得ないほど〝過激な歌詞〟ではないなどと指摘しつつ、「本人に失礼!」と番組側を批判している。

この日の番組テーマは、ラブソング。レゲエシンガーの『DOZAN11』が、『Lifetime Respect』を生で披露することに。同曲は〝三木道三〟名義で2001年にリリースされて大ヒットを飛ばしたナンバーだ。

埼玉県の特設ステージと中継をつなぎ、サングラスにスーツ姿の「DOZAN11」はソファに腰掛けながらも、曲冒頭から「イエーイ!」とノリノリで歌い始めた。

■ 「SEX」を「生活」と言い換え?

同曲は「一生一緒にいてくれや」のフレーズで知られ、結婚生活に焦点を当てた歌詞で人気を博した曲だ。しかし「DOZAN11」は曲中盤に「一緒に料理したり映画見たり愛のある生活に精ェだしたり…」と歌唱。本来の歌詞「愛のあるSEXに精ェだしたり」の「SEX」を「生活」と言い換えた。

「DOZAN11」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.