くらし情報『『相棒』新シーズン開始直前に聞こえてきた“及川光博再登板”の待望論』

2020年9月27日 17:31

『相棒』新シーズン開始直前に聞こえてきた“及川光博再登板”の待望論

及川光博

(C)まいじつ

来る10月14日、テレビ朝日の人気ドラマ『相棒』 season19がスタートする。主演の水谷豊(杉下右京役)は常々、「視聴率が15%を割ったらやめる」と公言してきたが、現実を言えば、前season18の平均視聴率は14.8%。水谷の言葉通りならば、すでに前seasonで終わっていたはずだった…。

「このご時世、14%台でも大変なコンンテンツです。ただ問題は、このまま続けても上がり目はないということでしょう。特に相棒が反町隆史(冠城亘役)になってから、毎seasonが15%スレスレ。反町では数字が取れないということが分かっているのです」(テレビ朝日関係者)

反町が登場したのはseason14から。それぞれの視聴率を見ると、14(15.3%)、15(15.2%)、16(15.2%)、17(15.3%)、18(14.8%)と、全く上がっていない。

「反町は、成宮寛貴(甲斐享役)からの交代。成宮の最後のseason13は平均視聴率17.4%で、反町は遠く及ばなかった。もう視聴率は15%を割ったし、さすがに〝反町降板論〟の声が大きくなるのは避けられないでしょう」(同・関係者)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.