くらし情報『元NMB48・木下百花の“首のタトゥー”に恥ずかしいミス!? 本人は弁解も…』

2020年9月28日 07:30

元NMB48・木下百花の“首のタトゥー”に恥ずかしいミス!? 本人は弁解も…

元NMB48・木下百花の“首のタトゥー”に恥ずかしいミス!? 本人は弁解も…

Rawpixel.com / Shutterstock

元『NMB48』で、現在はシンガーソングライターとして活動する木下百花が9月24日、『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演。首に入ったクモのタトゥーを紹介したものの、そのクモの足が〝6本〟だったことについて、ツッコミを入れる声が続出している。

木下は2017年9月にグループを卒業。在籍当初はアイドルらしい風貌をしていたが、次第に個性を発揮し、派手な髪色や破天荒な言動をウリに。現在は、自身が作曲する楽曲の方向性と同じ見た目を、とのことで黒髪ショートヘアーになっている。

番組では、木下が「ノリで入れた」という首にある握りこぶし大のクモのタトゥーについて話題を展開。「なぜ首という目立つ部分に入れたのか」と尋ねられると、木下は、アクセサリーの代わりに、とファッション感覚で入れたと説明し、「見えるところだから入れたんです」と回答。続けて、「それか見えないところで全身、和彫りにしようかと思った」と究極の2択だったことを明かすと、MCのマツコ・デラックスと『ナインティナイン』矢部浩之は手を叩いて爆笑し、マツコは「それ(和彫り)オシャレだったかも!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.