くらし情報『木下優樹菜“誹謗中傷”と対決宣言も…「その前に話すことあるでしょ」』

2020年9月29日 10:32

木下優樹菜“誹謗中傷”と対決宣言も…「その前に話すことあるでしょ」

木下優樹菜

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

元タレントの木下優樹菜氏が9月27日、インスタグラムのストーリーズを更新。自身の生死観について語った。

彼女は《おはよお朝から悲しい。こんなに辛いのに生きてるってなんだろう》《なんで生きなきゃいけないんだろう》《ふとした瞬間にもうぜんぶやーめた。つかれた。どうしようもないきもちになるんだこれはこういうふうになった人にしかわからないあの恐怖の感情いや。恐怖すらかんじないかな》と、苦しい胸の内を吐露。同日には女優・竹内結子さんの急逝が報じられたこともあって、なにかしら思うところがあったようだ。

さらに木下氏は、アンチから今でも「死ね」などといった暴言を吐かれることを明かし、《いまだに死ねだとかたまぁに言ってくる可哀想な人いるけどさ、全部情報開示。以上》と法的措置も辞さない態度を示した。

■ まずは自身の態度をあらためるべき…?

一連の木下氏の発言に、ネット上では、

《自分が与えた被害については知らんぷりで、自分の受ける被害には敏感な人っているよね。何が悲しいって、だれも教えてあげる人がいないこと》
《「事務所総出でやります」って言われた方も朝から悲しかったろうし、生活のかかったお店を叩かれた時には、「もうぜんぶやーめた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.