くらし情報『『少年隊』植草克秀のリストラは錦織一清“粛清”の巻き添えだった!?』

2020年9月30日 17:31

『少年隊』植草克秀のリストラは錦織一清“粛清”の巻き添えだった!?

『少年隊』植草克秀のリストラは錦織一清“粛清”の巻き添えだった!?

(C)Ollyy / Shutterstock

本サイトが去る8月10日付で報じた『ジャニーズ〝大看板〟哀しき末路…少年隊・錦織一清いよいよ粛清か』が現実となった。今年の年末をもって錦織一清と植草克秀が脱退し、東山紀之は事務所に残留。『少年隊』の名前は残るという奇妙な形だ。

「錦織が辞めるのは既定路線ですが、植草は寝耳に水。植草は残留できると踏んでいたはずです。ところが錦織のあおりを食った格好。彼自身、おもしろいはずはないでしょう」(ジャニーズライター)

ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長は、同役職就任時に「50歳定年制」を敷いた。当然ながら『少年隊』はその規定に引っ掛かるが、

「最初、錦織だけを契約解除しようとしたらしいのです。錦織は現役を事実上引退。近年は演出家などを名乗っていますが、自称の世界。ほとんど実績がない。生産性が見込めないのですから、事務所に置いておく必要もないのです」(同・ライター)

ただし、植草はリストラの対象ではなかったというのだ。

「大きなドラマはないのですが、2時間ドラマなどの脇役でいい味を出していました。人柄も良く、慕う後輩も多くいました。そのため、植草は残る方向だと考えられました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.